.風の向くまま♪

気ままなフリーワーカー風瀬由季の日々綴り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なごり梅と思い出と

『なごり梅』ってなんだか美味しそうな響きじゃありません?(笑)
なごり紅梅
開花宣言直後の砧公園で一番目立った枝はこの八重の紅梅☆
一重の梅花がみな散り落ちる中、天を見上げて力強く咲く誇る
凛とした姿に思わずカメラを向けました。

余談ながら、新歓コンパなのか場所取りにきたお兄さん2名が
『ここしか咲いてないから花のある桜の下って言えばわかるよね』
と会話して携帯から集合をかけてたのが、どうにも惜しかったデスw

さて。こちらのしだれ紅梅は実家の庭に咲いたもの。
しだれ紅梅
妹が写メで送ってくれました^^

2年前、父の四十九日でまだ新築しきらない母屋に向かい
母や兄妹親戚と離れのぽかぽか日和の縁側に並んで、
少し冷たいお弁当を頬張りながら見上げたのがとても豊かで
あたたかく心に残っています。
今年もあんまり見事だったので『ちょっと見せてください』
と庭に訪れる方があったらしい。
桜は人に春を告げるけど、梅は天に向かって地上の春を宣言し、
感謝して歌っているような気がします。
しだれ梅は人にも春を届けてくれる最初の使者。。。


 ・・・そんなこんなで?以下思いがけず長文に(^^ゞ・・・
なごり梅と思い出と…の続きを読む
スポンサーサイト
+memory+ | コメント:0 | トラックバック:0 |

桶ギター♪

20060218115711
懐かしい、丸い桶に蝶!
音楽室は気持ちよい空間。
…弦6噐。
CD既に許容量オーバー(^^;)
鍵盤コーナーにはマイクも?
遊べる。
次回はぜひゆっくり来ようと掃除機片手に思ってマス(:_;)
+memory+ | コメント:0 | トラックバック:0 |

霧中…

20051017152400
短大時代下宿もさせてもらった神戸の伯父(83歳・長兄)が亡くなり
単身新幹線で西明石へ赴いた。
今Uターン中の新幹線車内。

結局昨夜は兄妹と実家まで戻り一泊。
十四夜の月に見送られ、峠を越える頃、
急に深い深い霧。
数十メートル先が見えない。

綺麗な月も霧の向こう。
今朝も濃霧は晴れるどころか雨粒のような水滴までも
混じる状態。
…多分一瞬、私は雲の中に居ました(笑)

朝7時すぎにはまた車で明石にへ逆戻り。
夜勤明けだった妹は5時間寝ただけの運転手。
・・・すまないねぇ。
DVC10038.jpg
そんな中、霧の晴れる境目をキャッチ!
虹色の玉にも逢えたよ♪
DVC10037.jpg

宿泊施設もあったのに、わざわざ1時間以上かけて
帰宅した理由は2つ。

1.留守番してる犬猫たちの世話
2.音楽家だった伯父好みの曲CD捜索

本日告別式。
音楽葬とはゆかなくとも、伯父好みの演出をしたいと思い立ち、
私たち兄妹で通夜のうちに喪主と担当のスタッフに申し入れた。

ドリル演奏音楽隊や吹奏楽団を指揮し、ドイツ歌曲が好きだった伯父。
遺影は白いタキシードに黒い蝶ネクタイのモノクロ宣材写真。
演奏会用だったためか、いつもの笑顔は完ぺき。

私はClassicに明るくない。
なので下宿時代、全く音楽の接点を作れなかった。
6年後に声楽を志し、やはり下宿人となった妹は、
指揮以外にも一通りの楽器と声楽も学んだ伯父の
好きだった曲をよく知っていた。

実家音楽室のCDジャングルから兄が選んでくるアルバムを
兄妹で聴き選びながら、ふと機嫌よく歌う伯父の声が蘇る。
開式に合わせ流してもらったシューベルトの
『おやすみ』と『菩提樹』を朗々と歌うテナーは、
まるで伯父のイメージをだぶらせたセレクト。

献花から退場の際には、コーラス編成の
アニー・ローリー、ダニー・ボーイ、埴生の宿、菩提樹、君を愛す

…幸運にも全曲が会場に流れた。
多分、親戚の中で唯一伯父の好みを知っている
私たち兄妹からの、さよなら&おやすみなさい。そしてありがとう☆

伯父の満足げな笑みと、両手を広げ右手で糸を操るようにリズムをとり
負けずに朗々と歌う姿が見えたような気がした。
+memory+ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Photoメモ-3

逆回転田舎日記の第3段@虫編です。
もう3週間~ひと月も前のことなのか(^^;

20050904110615.jpg
☆初日にみつけたシオカラトンボ。
人差し指で目を回す実験を試みた娘。
ほとんど成功したので、私が片羽をペタッと押さえ
あっけなくも一瞬捕獲。
でも、両羽たたんで持ち直そうとした時、
急に我に返ったらしく暴れて逃げられてしまった。
水場に集まるので、捕まえやすいトンボ。

ちなみに私はなぜかあの色合いが好き。
単にブルーフェチだからだとも思う。
これによく似た色の大きなカミキリムシだけは別格に好き。

20050904110653.jpg
☆玉虫のタマちゃん。
帰省中、2度玉虫に出会った。
大山に出かけようとして車の修理待ちしてたのが1度目。
屋根の樋に留まっており、捕まえ損ねた。
2度目は庭草にしがみついていたので簡単に捕獲され
名前まで付けられてしまった。
でも弱っていたようなので、結局庭に放した。
(白いのはゴミじゃなく、砂糖水を染みこませたティッシュ)

tonnbo.jpg
☆赤とんぼの浮遊
これは兄撮影分をもらった。
首部を垂れ始めた稲穂の上空、
入道雲と青空背景に留まってるみたいで面白い。
みんな同じ方向に、飛行機みたいに飛んでる(^^)

『赤とんぼ、最近赤くなくなったよね?』
と母と話した。
東京もたくさん赤とんぼ見るけどやぱりオレンジ色。
昔、唐辛子みたいに真っ赤なとがいっぱいいたよね?
+memory+ | コメント:0 | トラックバック:0 |

くぅちゃん

3年ほど前、親友たち3人がそれぞれラットを飼った

くぅちゃん…の続きを読む
+memory+ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。